ひとりごと

【レビュー】大学受験にぺんてるの『スマッシュ』使ってみた

ぺんてるのシャーペン、スマッシュ

 

 

僕が初めてシャーペンを買ってもらった時の興奮は今も忘れません。

 

スタイリッシュな見た目に、詰め込まれたメカニックさ。

 

まさに”男のロマン”とも言えるでしょう。

 

 

シャーペンに対するこだわりは、大学生になった今もなお、続いています。

 

そんな僕がシャーペンにとっての最高の大舞台、『大学受験』に起用したシャーペンを紹介したいと思います。

 

 

 

 

今回紹介するシャーペンは、ぺんてる社の『スマッシュ』です!

 

 

スマッシュのココがおすすめ

  • 低重心で書きやすい
  • 細い
  • 力が要らずスムーズに書ける、程よい重量
  • ペン先が一体化していて緩まない
  • 色落ちしない
  • シンプルで壊れる要素が少ない

 

箇条書きは個人的に気に入った順番にしました。

 

 

 

 

『スマッシュ』は最高のシャーペン

 

まず気に入ったのはその『書きやすさ』です。

 

「クルトガ 」や「デルガード」のような技巧的なシャーペンも良いのですが、最終的にはシンプルな構造に行き着きました。

 

(試験になると音を立てられませんからね。)

 

その中でも「スマッシュ」は重心が低く書きやすいので、スピードと丁寧さと持久力が求められる大学入試の二次試験に使いました

 

 

また、『細い』というのも書きやすさに直結するおすすめポイントです

 

本体が細いシャーペンは、良くも悪くも書き手の字が現れます。

 

なぜなら、細いペンは太いペンと比べて扱いやすく、細かい動きができるからです。

 

僕は字が汚い方ではないし、何よりテストで文字を速く書きたかったので『スマッシュ』は重宝しました。

 

 

また、”試験に使う”ことを考えると、

  • デザインがシンプル
  • 壊れにくい
  • ペン先が緩まない

といった、集中力を削ぐような要素が無いことも『スマッシュ』の利点です。

 

 

 

 

『スマッシュ』を選んだ理由・経緯

 

中学1年生の時に初めてのシャーペン、「クルトガ 」を買ってもらいました。

 

それから1軍のメンバーが変動していきながらも結局クルトガ をメインに使い続けました。

 

 

そして、クルトガ の牙城が崩れたのが高校2年生のころ。

 

先輩が修学旅行のお土産にくれた、ディズニーランドのシャーペン が原因でした。

 

そのシャーペンがこちら↓

これが結構使いやすくて、あっという間に主力になりました。(好きな人が偶然使っていたからかも笑)

 

そうして主力が入れ替わったわけですが、高校3年生の頃にそのシャーペンが壊れてしまい、新たに買い換えることになりました。

 

ディズニーシャーペンが軽く細くて書きやすかったので、同じようなシャーペンを探しました。

 

そんな時に、友達が使っていた『スマッシュ』に出会いました。

 

買ってみると、大ヒット商品なだけあって安定感があり、(ディズニーシャーペンとは違って)壊れないので、満足でした。

 

 

 

 

『スマッシュ』はこんな人におすすめ

 

1年近く『スマッシュ』を使ってみて、こんな人には特におすすめできると思いました。

 

こんな方におすすめ

  • 思い通りの字を書きたい(楽に、丁寧に、速く)
  • 大学入試に記述問題が出る
  • 長時間文字を書く

 

『スマッシュ』は疲れにくいので女性にもおすすめできます。

 

「ブラック」のデザインはダサめですが、Amazon限定やロフト限定などのカラーバリエーションもあるので、ぜひAmazonで探してみてください

 

Amazonで探す

 

 

 

あきお
初めまして。あきおです。僕はこのシャーペンで阪大合格を勝ち取りました。愛情と慣れが大事です。

ぜひ、早いうちにお気に入りの相棒を見つけてね。

読んでくれてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

-ひとりごと
-, , ,

© 2021 chan-blog