参考書

【化学】おすすめ参考書|旧帝大合格へのルート

化学の参考書

 

 

悩んでいる人
旧帝国大学に合格した人はどんな参考書を使っていたんだろう?

旧帝国大学の二次試験で高得点を取るにはどうすればいいんだろう?

 

 

この記事ではそんな疑問に答えて、旧帝国大学を目指す人のためにおすすめの参考書を紹介します

 

 

これから5冊の参考書・問題集を紹介しますが、なぜおすすめできるかというと、実際に使って大阪大学に現役合格できたからです。

 

その使った経験をもとに、各参考書の特徴、やるべき時期、使い方を紹介します。

 

説明を読んで、使うイメージを膨らませてみてください。

 

そして、思い立ったが吉日。限られた時間を無駄にしないよう、今すぐ行動しましょう!

 

 

 

 

まず受験科目「化学」について知ろう

 

『彼を知り己を知れば百選殆うからず』

意味は、敵の実力や現状をしっかりと把握し、自分自身のことをよくわきまえて戦えば何度でも勝つことができる、ということです。

 

受験において何度も勝つ必要こそありませんが、敵を知ることが重要なのに違いはありません。

 

そこで、受験科目「化学」について少しまとめました。

 

 

化学の主な出題範囲

 

化学は主に『理論』『無機』『有機』の三つの分野に分けられます。

 

①理論化学

 

まず理論は、「熱化学」「酸と塩基」「酸化還元」「電池・電気分解」「気体」「溶液」「化学平衡」などを学習する分野です。

 

出題される問題は主に計算問題やグラフ問題、知識問題です。

 

理論が重要なのは、配点や問題数の比重が大きいことと、化学全範囲を通して理論の内容と関係があることが理由です。

 

逆に言えば、理論の分野ができない人は無機・有機の分野でも付いていけないことがあります。

 

その逆を言えば、理論ができるれば無機・有機は何とかなります。

 

 

ほとんどの高校では2年生から化学を勉強しますが、はじめは理論から入ります。

 

”先取り学習”をしたくなる気持ちも分かりますが、理論の大切さは無機・有機分野をやり始めてから身に染みて分かりました。

 

授業の進度に合わせて、一つ一つ仕上げていくのが最善策だと思います。

 

 

それともう一つ、計算問題のほとんどが理論化学からの出題です。

 

ほんの少しのミスで差がつき、計算の速さでさらに差が開きます。

 

ぜひ何度も問題を解いて計算に慣れるだけでなく、何度も解くことで効率の良い計算方法、一貫して使える法則などを見つけて行ってください

 

理論化学

  • 化学の全ての分野の基礎
  • 計算問題がミソ
  • ”先取り学習”はNG! 一つ一つ完璧にしよう

 

 

 

②無機化学

 

無機(炭素を含まない物質)は、とにかく暗記することが多いのが特徴です。

 

なぜなら、無機物質(H,Ca,K,Al,Fe,Au,…)の性質をそれぞれ学習していくからです。

 

どのくらいの量か想像がつかないと思いますが、だいたい元素周期表の上半分くらいの元素に加えてその化合物について詳しく学ぶと考えてください。

 

考えるだけで目が回る量なので、効率良く覚えないといくら時間があっても足りません。

 

具体的には、個別に特徴を覚えながら、横のつながりを意識して覚えることで、吸収のしやすさも定着のしやすさも格段に良くなります。

 

というのは、「Al(OH)3」→「両性酸化物・多量の水酸化ナトリウム水溶液に再溶解する・多量のアンモニア水には再溶解しない・…」

と教わるところを、「両性酸化物」→「Al,Zn,Sn,Pb(ああすんなり)」などと、同じ反応を示す元素、化合物をグループに分けて覚えます。

 

そのグループ自体もたくさんあるのですが、個別に覚えるよりは幾分かマシです。

 

それに、グループに分けて覚えるのには他にもメリットがあって、「系統分離」という頻出と言っても良い問題があるのですが、それを解くのに重宝します。

 

無機化学

  • とにかく暗記が多い
  • 縦の糸と横の糸で記憶をガッチリと

 

 

③有機化学

 

有機は、炭素を含む化合物について無機化学の分野と同じようにそれぞれの性質を追っていきます。

 

なぜ炭素を含む化合物だけ特別に分野が生まれるかというと、人体のみならず生命体を形作っているものだからです。

 

それに、数えきれないほど有機物質が存在するからです。

 

というのも、「官能基」というものが何種類もあって、さらにそれがつくもの自体も何種類かあって、さらにそれ自体が置換基を通して連結することができ、もっと言えば立体的や幾何的に違うものがあるので、累乗累乗といくらでも可能性は考えることができるのです。

 

もちろん教科書には限られか数しか載っていませんが、それでもかなりの量があります。

 

 

また、この分野の代表的な問題として構造決定というものがあります。

 

これは特定の性質を持つ官能基などから推理し、分解される前の化合物を推測する問題です。

 

もちろん難しい問題もありますが、習得すればたいていの「構造決定」問題は”楽しいパズル”感覚で解けるようになります。

 

 

有機化学

  • 無機と同じくグループで覚える
  • 表や構造図など、見た目で覚える

 

 

 

 

化学の性質について

 

他の理科科目(物理・生物)を比べて、化学という受験科目の特徴を比較してみます。

 

自分が大阪大学を受けてみた実感と、過去の平均点などを見て判断しました。

 

計算の負担

化学>物理>生物

 

暗記の負担

生物>化学>物理

 

得点の取りやすさ

物理>化学>生物

 

 

化学は他と比べて計算が複雑になりがちな印象があります。

 

暗記もそれなりに多いですが、工夫次第で単純暗記をする量を減らせるので、生物よりマシだと思います。

 

「得点の取りやすさ」については、大学によるところが大きいと思いました。

 

特に化学については、大抵問題量の多さが原因で得点が取りにくいと思いました。

 

ただ、これも工夫次第だと思います。

 

 

 

 

 

旧帝大へのおすすめの参考書ルート

 

前置きが長くなりましたが、いよいよ参考書を紹介していこうと思います。

 

これから5つの参考書(問題集)を紹介しますが、そのうち4つは実際に愛用していた参考書です。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

セミナー化学基礎+化学

 

第一に問題量が多く、基礎から応用までほぼ全てのパターンを練習できます。それに、別冊の解答が優れもので、計算過程の記述が詳しいだけでなく周辺の知識までまとめてくれています

 

多くの学校で使われる問題集で、残念ながら市販はされていません。メルカリやAmazonで中古、新品を売ってはいますが、かなり高い値段で売られていたりするので気をつけてください。また、セミナーは解答が別冊なので、きちんとセットになっているか気をつけてください。

 

 

この参考書を選んだ理由、経緯

 

言うまでもなく、学校で一斉に購入したものでした。

 

2年生の春に購入し、授業の進度に合わせて一周。3年生の春に習った範囲を頑張って一周解き、夏休みまでは再び授業に合わせて取り組み始めました。(合計は約3周でした)

 

それ以降は次の問題集に切り替えたため、使っていません。

 

この本は自分で選んだわけではありませんが、学力が伸びた実感があったのでかなり満足しています

 

 

まとめ

 

教科書と併用する問題集が学校ごとにあると思うので、それを使えば良いと思います。

 

ただ、一度解いただけでは身につかないので、解けかった問題だけでももう一周解きましょう。

 

 

Amazonで見る

 

 

 

化学重要問題集 ー化学・化学基礎

 

セミナーやリードαなど、基本的なレベルの問題集を一通り解いた上で取り組むのにちょうど良い、実践的な問題集です。重問は、いろんな大学の入試問題を単元ごとに振り分けたもので、毎年入試のトレンドに合わせてきちんと更新されているのが、みんなが信頼を寄せる要因の一つだと思います。

 

教科書を学び終えただけで入試問題が解けないのは、応用力の不足と、問題文の読解不足だと思います。セミナーだけではなく、重問で総合的な実践力をつけるのは必須です

 

 

この参考書を選んだ理由、経緯

 

セミナーと同じく、学校で買わされました。

 

先ほど「切り替えた」と言ったのは、この重問のことです。

 

3年生の春に購入し、ぼちぼち進めていましたが夏休み中に2周終わらせました

 

こんなに早く終わったのは『A問題』を飛ばして『B問題』を解き進めたからです。

 

ちなみに、A問題・B問題の違いはこんな感じのようです。

A問題:標準的な頻出問題が採録されています。
B問題:応用力を養成する問題が採録されています。

 

もっと早く取り組み始めていたら飛ばした問題も解けたので、それだけは後悔しています

 

問題量が多いので、入試の日から逆算して計画はきちんと立てておくことをおすすめします

 

 

まとめ

 

解いてみて抱いた感情は、「大満足」の一言です。

 

一問一問大切に解いて解答・解説を詳しく読めば、成長間違いなしです

 

計画的に解き進めていきましょう。

 

Amazonで見る

 

 

 

阪大の化学20カ年(赤本)

 

第1章 物質の構造

第2章 物質の変化

第3章 無機物質

第4章 有機物質の性質

5章 高分子化合物

 

目次はこんな感じで、年度は関係なく分野ごとに分けられています。もちろん全て過去に出題された問題であることに違いありませんが、一年ごとにまとめられたものではないので、時間配分などを練習するためには向いていません

 

僕は勘違いしていたので注意してください。

 

ただ、常に思考力が問われる大阪大学(旧帝国大学)の入試を総ざらいするのには良い参考書です。

 

 

この参考書を選んだ理由、経緯

 

これは部活の2個上の先輩から手に入れました。

 

これがなかなかの年代物で、4年前のものでした。

 

ただ、これが今になれば案外良かったと思っています。

 

なぜなら、近年4年分の試験は実際に時間を測って本番同様にやることができたからです

 

皆さんも古めの赤本を安く買っても良いのかもしれません。

 

 

ちなみに、僕が赤本を始めたのは、冬休みからでした。

 

出題傾向を分野ごとに、長期的に把握できたことはかなりの財産になりました。

 

赤本はとてもおすすめです。

 

 

まとめ

 

僕は冬休みから本格的に二次対策を始めましたが、本来であれば夏休み中にしたかったところです。

 

ただ、それまで部活に目が行きすぎて受験の意識が欠けていたのでギリギリになってしまいました。

 

早めに赤本に取り組み、分野ごとに極めていくことをおすすめします。

 

 

Amazonで見る

 

 

 

 

実戦模試演習 大阪大学への理科(青本)

 

この本は、駿台で行われる模試を物理と化学、それぞれ3回分を収録した問題集です。この本のいいところは実際にその模試を受けた先輩たちがどれくらい点をとって、どのくらいの出来の人が合格して行ったのか数字で見られるところです。

 

自分の点数と合格した先輩の点数を比べて、どこが出来てどこが足りないのか研究できるのです。

 

解説は、計算式がかなり細かく書かれており、答えに至るまでのプロセスがきちんと理解できます。

 

 

この参考書を選んだ理由、経緯

 

センター試験が終わった後、すでに赤本(化学)は一通り、過去問は10年分を解き終わっていたのでやることがなくて買いました。

 

河合塾が出している問題集もあるのですが、なぜか大阪大学だけないので実質この「青本」一択でした。

 

ただ、母数の多い駿台の模試が受けられるのは良いと思いました。

 

 

まとめ

 

さらに過去問演習を積み上げたいという人にはおすすめの問題集です

 

大阪大学以外の人は河合塾の紺色の本も同じくらいおすすめです。

 

Amazonで見る

 

 

 

 

化学の新研究

 

5つ紹介する参考書、問題集の中で唯一使っていないのに紹介するものです。

 

『難関大学受験のバイブル』とも言われる一冊で、本当に詳しいところまで載っているので辞書的な使い方ができます。他の参考書や過去問で行き詰まった時は「新研究」に立ち返ってみると必ずと言って良いほど解決できます

 

ただ、新研究だけで勉強していると気づかずに意味のわからないことまで覚えるハメになるので気をつけましょう。初心者がこの本を持っても宝の持ち腐れなので、ある程度勉強が進んでから使うのがおすすめです。

 

 

この参考書を選ぶべき理由

 

ここまで丁寧に読まれた方は知っていますが、僕は「セミナー→重要問題集→過去問等」という順番で取り組みましたが、理想的には重要問題集の次に新研究をやる予定でした。

 

でも、受験戦争に乗り遅れたせいで間に合いませんでした

 

 

ただ、正直大阪大学のレベルでは、過去問を優先してやって良かったと思っています。

 

一緒に大阪大学を受験して合格した友人も新研究を買っていましたが、少ししかやっていなかったので要らない(難しすぎる)のかなと思います。

 

僕は東大の問題とかを塾と学校で解かされていたので、東大京大と阪大では手応えが違うなと思いました。

 

そうなると新研究の必要性が上がってくるのかもしれません。

 

実際東京大学や京都大学を目指していた人はみんなやっていました。

 

 

 

まとめ

 

みんなが初めて見る題材でも、一回でも見たことがあるだけでかなり有利になります

 

(求められる力自体は基本的でも、そこまでたどり着く時間や正確さに違いが出ます。)

 

「難関大」を志望する人は”チャレンジ”してみましょう。

 

Amazonで見る

 

 

 

 

阪大合格に貢献した他の参考書

 

すでに紹介した参考書

  1. セミナー化学+化学基礎
  2. 化学重要問題集
  3. 赤本
  4. 青本

 

これから紹介する参考書

  1. 東進の鎌田先生の授業テキスト(非売品)
  2. センター試験特化問題集

 

東進の鎌田先生の授業を取っていたので、授業テキストが手に入りました。

 

この授業テキストがかなり有能で、僕は教科書ではなくこっちをメインで使っていました。

 

その有能さゆえに、メルカリなどでたくさん転売されています。

 

(大きい声では言えませんが、東進の授業料はかなり高いのでこのテキストだけでも手に入れる価値はありそうです。)

 

 

ただ、内容は少し違いますが鎌田先生が参考書を出版しているので、初心者・中級者は買うと良いかもしれません

 

内容は図や絵などがふんだんに使われるカラー版で、かなり分かりやすく書かれている印象です。

 

Amazonで見る

(理論・有機・無機の全3冊です。)

 

 

 

最後に

 

おすすめの参考書(旧帝大への参考書ルート)について紹介してきました。

 

他の教科についてもおすすめの参考書を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

また、過去問の効率的な解き方、注意点についてはこちらの記事を参考にしてください

 

『参考書の選び方』はこちら

 

 

みなさんが志望校合格の夢を叶えられるよう、願っています。

 

 

(以上です)

 

 

 

スポンサーリンク

-参考書
-

© 2021 chan-blog