大学受験

【大学受験】ライバルの勉強時間は?現役浪人平均勉強時間

大学受験・勉強時間

 

あきお
周りの受験生はどのくらい勉強しているんだろうか?

どれくらい勉強すれば受かるんだろうか?

 

 

”時間が全てではない”とは分かっていながらも、これはみんなが持っている疑問です。

 

この記事では、現役生浪人生の平均勉強時間のデータ現役で大阪大学に逆転合格した人のリアルな勉強時間など、皆さんの役に立つ情報を提供します。

 

このサイトを含め、いろんなところから積極的に情報を集めて行ってください。

 

それに加えて、「質の良い勉強時間の確保の仕方」「勉強時間以上に大切だと思うこと」もお伝えします。

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

現役、浪人生の平均勉強時間

 

ここでは、「大学受験合格応援隊」というサイトのデータを引用させていただきます。

 

「もしかして、自分の勉強時間は少ない方なのでは?」と不安になっている方もぜひ参考にしてみてください。

 

 

ちなみに、サイト『大学受験合格応援隊』によると、現役生=3年生のような記述がありました。

 

なので、部活をやっている1,2年生の方はこの後の、僕の実体験を参考にした方が良いかもしれませんね。

 

 

 

平日の平均勉強時間

高校生の平均勉強時間(平日)
ブログ「大学受験合格応援隊」より引用

 

現役生・浪人生共に平日の勉強時間の差はありません。

 

これに加えて、学校もしくは予備校での勉強時間も同じくらい加算されますが、実質的な勉強時間は同じであることに変わりありません。

 

 

また、グラフを見ると、40%以上の人が8時間以上勉強していることになります。

 

平日に8時間勉強しようと思うと、放課後の4時〜11時の7時間と朝の1時間を勉強することになります。

 

これでは睡眠時間を削ることになりそうなので、休憩時間をうまく使っているんでしょうね。

 

 

ただ、それ以上の人はよく分かりません。学校の時間も含めているんでしょうか。

 

 

 

休日の平均勉強時間

ブログ「大学受験合格応援隊」より引用

 

現役と浪人で少し差が出ていますね。

 

浪人生の85%が8時間以上勉強してますが、その一方で現役生は10時間以上勉強している人が浪人生よりも多いみたいです。

 

流石に3年生にもなればやる気が断然違います。

 

もちろん部活をやっているうちは難しいですが、部活を辞めたあとはみんなこれくらい勉強しているということになります。

 

 

 

 

阪大に現役で逆転合格した人の勉強時間

 

平均では分からないこともあるので、実際の数字を参考までに紹介します。

 

共通の特徴がある人はぜひ参考にしてください。

 

 

この人の特徴

  • 月曜日以外は部活(高3の夏まで)
  • 難関大学を志望
  • もともと学力は足りない

 

1年生の頃の勉強時間

 

平均時間

平日1.5時間 休日4時間

 

平日は電車での勉強時間や学校の休憩時間を含めず、毎日1.5時間勉強をしていました。

 

周りのみんなもそれくらいかそれ以上勉強していました。

 

1.5時間では少ないと思うかもしれませんが、部活をしながらそれだけの時間を作るのは案外大変なものです。

 

テレビを見る時間やスマホを触る時間など、使える時間を無駄にしないようにしましょう。

 

仮に毎日1時間勉強したとすれば、毎日1.5時間勉強した人との差は1ヶ月で15時間3年で540時間もの差が出ます。

 

時間が全てではないとはいえど、これだけの時間があれば参考書を2冊も3冊も多くできます。

 

残酷ではありますが、試験の半年前になってからではもう遅いです。

 

勉強する習慣はつけておかないと、部活辞めた途端たくさん時間ができて困ります。

 

 

 

 

 

2年生の頃の勉強時間

 

平均時間

平日2時間 休日4時間

 

 

1年生の頃と比べて平日の勉強時間が伸びたのは、『勉強のペースと掴めてきたこと』と『部活で体力の余裕ができてきた』からです。

 

 

また、高校2年生は中だるみの時期とも言われますが、まさにその通りです。

 

受験まであと1年と迫っていながら、永遠と勉強漬けの辛い時間が続く気がしてきます。

 

時には友達と息抜きをするのも大切ですし、志望校に通う自分を想像してモチベーションを高めるのもいいと思います。

 

 

自分なりに研究したことや、『メンタリストDaiGo』がYouTubeで紹介していた研究結果もまとめています。↓↓↓↓↓

サムネー
【受験勉強】半永久的にモチベーションを上げる方法!

続きを見る

 

 

 

 

3年生の頃の勉強時間

 

ここからは3年生の時の勉強時間を発表しますが、以下のように8つに分けています。

 

 

簡単な流れ

  • 夏休みまで(部活有り)
  • 夏休み(部活は引退)
  • 冬休み
  • センター試験前日
  • センター試験1日目のあと
  • 二次試験直前期
  • 二次試験前日

 

 

 

夏休みまでの勉強時間 

 

平均時間

平日2時間 休日4時間

 

 

3年生になっても勉強時間も変わりませんでした。

 

ただ、3年生にもなれば受験に対する意識が大きく変わって、やりたいことが増えたのは確かです。

 

それは、限られた時間の中でこなすために効率の良い勉強法が身についていった証拠だと思っています。

 

 

これこそが、『質より量』と言われる所以だと思います。

 

量、つまりある程度の時間を積み上げたからこそ”効率の良い勉強法”が得られたのだと思います。

 

 

 

夏休み中の勉強時間

 

平均時間

平日・休日12時間

 

 

それまで十数時間も勉強したことがなかったので、いきなり時間ができて驚いたのを覚えています。

 

ただ、夏休み前の僕は学年で下位20%〜30%に入るほどだったので、やらないといけないことはたくさん見つかりました。

 

 

下の記事に『夏休みにやったこと』『受験生になってまずやったこと』をまとめています。

 

「受験生になったけど何から始めたら良いかわからない」という人や「夏休みに急に時間が出来て困っている」という人は参考にしてみてください!

サムネイルです
受験生になってまずやったこと【現役阪大生ver.】

続きを見る

【大学受験】先輩の成功例から学ぶ夏休みの使い方

続きを見る

 

 

 

秋シーズンの勉強時間

 

平均時間

平日6時間 休日12時間

 

 

この時期は教科によっては共通テスト、二次試験の対策に入ります。

 

ただ、授業が続く教科もあるので予習・復習の時間や登校時間を拘束されてしまいます。

 

その中で『自分の勉強の時間』がいかに確保できるかが鍵になります。

 

メモ

『自分の勉強の時間』とは

  • 自分の弱点を潰すために必要な勉強の時間
  • 志望校対策の時間

 

僕は、受験は”いかに苦手を潰すかの勝負”だと思っているので、みんながやっていることだけではいけないと思います。

 

相当な実力がない限り学校の授業は無駄ではないし、友達やライバルに刺激をもらえる良い場所なので、学校にはいくようにしましょう。

 

 

 

 

冬休みの勉強時間

 

平均時間

平日・休日12時間

 

 

直前期ということもあって、もはや勉強時間に囚われている時期ではないと思います。

 

ですが、集中力や時間配分といった点で、それまでどれだけやってきたかが本当に大事になってきます。

 

 

冬休みは共通テスト直前ということで、ほとんどがアウトプット(過去問演習、問題演習)になります。

 

ということは、逆算して冬休み前には合格に必要な点数の6〜8割くらいは取れるくらいでないといけません。

 

なかなかシビアな現実ですが、受けるテストは一緒なのでとにかく点を伸ばす努力を続けましょう。

 

 

一方で、合格点を取る練習も必要になってきます。

 

メモ

合格点を取る練習

  • 問題を解く前に(解ける問題・解くのに時間がかかる割に配点が少ない問題・解けない問題)などを見極める
  • 時間配分を身につける
  • もちろん全部の問題が解けるように勉強する

 

 

もちろん問題演習の時は解けない問題も頑張ってとかないといけませんが、本番になると解けない問題に時間を使っても仕方ありません。

 

時間をしっかり計って演習する時は、そういうテクニックを意識してやるのがおすすめです。

 

 

 

 

試験前日

 

僕は学校帰りに塾で勉強するのですが、つい19時過ぎくらいまで勉強してしまって家についた時には21時くらいになってしまっていました。

 

18時には帰ってゆっくりするつもりだったのにそうなってしまったのは不安があったからかも知れません。

 

ただ、試験を終えて思ったのは前日にやるなら勉強よりも休息をとった方が良いということです。

 

 

 

試験1日目の後の勉強時間

 

いつも以上に集中したし緊張したので、帰ってからはすぐに寝てしまいました、

 

というのも試験会場が以上に遠くて2時間もかかったので、帰ったらもう真っ暗だったからです。

 

かなり特殊な例ですが、「休息を優先する」という点は相変わらず大事だと思いました。

 

 

 

二次試験直前期の勉強時間

 

平均時間

平日・休日12時間

 

 

僕の学校では志望校ごとにクラスが分けられ、二次対策をしていました。

 

それと放課後の、”自分の勉強の時間”を合わせて12時間くらいでした。

 

放課後は基本的にAmazonで買った駿台の青本と実際の過去問、河合塾や駿台の模試の過去問を解いていました。

 

 

この時期が最後の追い込みになります。

 

残された時間を最大限有効に使えるように、そして、緊張の中本番で最高のパフォーマンスができるように最高の準備をしましょう。

 

 

 

大阪大学二次試験前日の勉強時間

 

二次試験の前日は吹田キャンパスの近くのホテルに泊まりました。

 

着いたのは試験前日の夕方、勉強時間は午前中の2〜3時間とホテルでの2時間ほどでした。

 

内容は英語の長文、和文英訳、軽い数学の問題です。

 

英語に関してはルーティーンとしていたのと、やることもないので数学の問題を解いただけです。

 

 

それまでやってきたこと、皆さんにとってはこれからやることを信じて前日は休息に徹しましょう。

 

 

 

 

 

勉強時間よりも大切なこと

 

前に言ったように、たくさん勉強することで初めて得られるものがあることは、3年間の受験勉強で強く実感しました。

 

それがみんなの参考になればと思い、このサイトで発信しています。

 

皆さんにはいろんなところから勉強法を集めて、時間をかけてでも自分に合った勉強法を見つけてもらえれば幸いです。

 

 

 

それはさておき、この記事で伝えたかったことの最後の一つは『勉強時間よりも大切なこと』です。

 

結論から言うと、勉強時間よりも「何をやらないといけないのか」を優先するべきだと言うことです。

 

模試や期末試験で自分の弱点を見つけて、今の自分に何が必要かが分かれば、あとはそれに必要な時間を確保するだけです。

 

 

この記事の最初に受験生の平均勉強時間のデータを書きましたが、その内容は人次第です。

 

人と比べるべきは弱点の量です。

 

弱点が克服できれば時間は関係なし!

 

 

 

 

最後に

 

世の中の平均勉強時間

  • 平日 4~6時間
  • 休日 10時間〜

 

 

現役阪大生の勉強時間

  • 1年生 平日1.5時間 休日4時間

  • 2年生 平日2時間 休日4時間

  • 3年生

    夏まで 平日1.5時間 休日4時間

    夏休み 平日・休日12時間

    秋 平日6時間 休日12時間

    冬休み 12時間

    センター試験前日 21:00帰宅←失敗

    センター試験1日目の後 0時間

    二次試験直前期 12時間

    二次試験前日 4時間

 

 

夏休みまで 共通テストの合格点6,7割以上/夏休みのために勉強の習慣
夏休み 基礎の仕上げる最後の機会
学校と二次対策の両立
冬休み 演習
試験直前期 本当に必要なことをやる(苦手を消すか得意を伸ばすか)
試験前日 今までやってきたことを胸に、休息をとる

 

 

重ねた時間からは何か得られるものがあると思います。

 

がんばってください!

 

 

 

スポンサーリンク

-大学受験
-

© 2021 chan-blog