ひとりごと

【お悩み解決】試験中・授業中のおならに立ち向かえ

サムネ

 

 

 

 

あきお

授業中におならをしちゃいました。

我慢して試験本番に支障が出ないか心配です。

 

 

ここではそんな悩みに答えます。

 

 

”授業中に居眠りをしていて、おならをしてしまった。それで起きたが、周りに気付かれたか分からずチャイムが鳴るまで寝たフリをしていた。”

”テストが始まるといつもお腹が痛くなるけど、恥ずかしくて我慢している”

”後ろから急に驚かされて、おならをしてしまった。その人が気付いていないのか気を使っているのか分からず、気まずくなった。”

 

 

 

こんな人はいますよね?

 

本記事では実際に上の3つを経験した僕が、とっておきの解決方法を紹介していきます。

 

 

こんな方におすすめ

  • 授業中におならを我慢するのが辛い
  • テストになるといつもお腹が痛くなる
  • 食後にお腹が張る
  • 本番に集中力を削がれないか心配

 

 

本記事を読めば、無駄な心配をせず本番の試験に向かえるようになると思うので、ぜひ参考にしてください、

 

 

 

まずはおならが出やすい原因を知ろう

写真

 

「肛門から気体が出てくる」と言うなんとも間抜けに思える現象は、おそらく人間が人間になる前からあったものでしょう。

 

その間抜けさから、現代では”下品なもの”とか、”恥ずかしいもの”だと言う認識が一般的となっています。

 

昔がどうだったかは知りませんが、おそらく恥ずかしいものに違いないと思います。

 

だって、肛門から気体が出てくるんですから。

 

だから普通の人間なら人のいないところで放屁するか、すかしっぺをして誤魔化すのでしょう。

 

 

ところで、人は1日に平均5~10回の放屁を行うようです。

 

もちろん広瀬すずや橋本環奈はしませんが、一般人は平均5~10回で、1日1~2リットル程の量を出します。

 

その中には無臭の成分が99%、臭い成分が1%含まれています。

 

意外に臭い成分の割合が少ないんですね。

 

その成分は、無臭→(窒素・酸素・水素・二酸化炭素・メタン)で、悪臭→(アンモニア・硫化水素・インドール・スカトール)という感じになっています。

 

理系高校生は化学の知識が生きてきますね笑

 

肉類などのタンパク質を食べた時や、消化吸収がうまくできなかった時に悪臭が発生するのですが、それは後で詳しく解説します。

 

 

それでは、おならがよく出る原因を見ていきましょう。

 

 

ストレス

 

ストレスにより副交感神経の働きが衰えることで胃腸に障害が起き、おならが出やすくなったり、悪臭が出やすくなったりします。

 

受験生ですからストレスを感じることは当たり前ですが、人によって緊張の度合いが違ったりストレスの感じ方が違ったりするので、もしかするとストレスを感じやすいタイプなのかもしれません。

 

それに、おならを我慢するストレスがまた事態を悪化させているのかもしれません。

 

いざ試験中におならが出そうになれば、相当なメンタルを持たない限り我慢せざるを得ません。

 

なので本記事では根本的におならを出にくくする方法を紹介したいと思います

 

ただ、もちろんあまりにひどいならトイレに行かせてもらっておならをする方が全然良いと思います。

 

それか、思い切ってすかしっぺをするか... (音を出さないように気をつけてね。あと、お尻を片方浮かせるのを好きな人に見られないように。)

 

 

病気

 

これから、考えられるいくつかの病気を軽く説明しますが、僕は専門家ではないので当てはまると思ったら決めつけずに病院に行ってお医者さんに見てもらいましょう。

 

 

呑気症

 

唾液と一緒に空気をたくさん飲み込んでしまうことが原因で、しゃっくりやゲップ、そしておならが出やすい傾向にある。

 

炭酸飲料をよく飲む人にも同様の症状が見られる。これも呑気症である。

 

 

慢性胃炎

 

胃の機能が低下することで消化不良を起こし、おならが出やすくなったり臭くなったりする。

 

 

過敏性腸症候群(IBS)

 

難しい名前ですが、これが一番よく耳に入る気がします。

 

腸の動きが不規則に活発になったり低下したりする病気で、お腹がゴロゴロなったり、腹痛、下痢、おならが頻繁に出るなどの症状があります。

 

 

大腸がん

 

血便や腹部のしこりが症状として出てくることがあります。

 

 

ご存知のように転移の恐れがあるため早期発見が望まれます。恥ずかしさはあるかもしれませんが、排便やおならに異常があればすぐに病院へGOしましょう。

 

 

 

 

 

解決策

写真

 

おならが出やすくなる原因を知ったところで、皆さんの悩みを解決する方法を紹介していきましょう。

 

それは、主に下記の3つです。

 

解決策

  • 空気を飲まない
  • おならが発生しやすい食べ物を知っておく
  • お腹を温める
  • お薬に頼る

 

順に説明していきます。

 

 

空気を飲まない

 

僕の後輩に「空気を飲むのが好き」と言う人がいましたが、しっかりお腹に問題を抱えていました。

 

流石にそんな人は少ないと思いますが、他にも身近に「空気を飲む」機会は潜んでいます。

 

  • 早食い
  • 一気飲み
  • 炭酸飲料
  • 麺類などをすする

 

これで「空気を飲む」と言うことが理解できたと思います。

 

でも空気を飲んだからっておならにはならないでしょ。

 

と思うかもしれませんが、実はおならの30~40%が食べ物の消化から、60~70%が飲み込んだ空気からできているんです!

 

おならをどうにかしたいなら、試験前日や当日のごはんに麺類を食べたり、炭酸飲料を飲んだりするのは避けた方がいいかもしれません。

 

 

おならが発生しやすい食べ物を知っておく

 

おならが出やすい食べ物はこちらです。

 

  • 豆類
  • イモ類
  • ゴボウ
  • レタス
  • キノコ類

 

イモを食べたらおならが出るのは、どうやら本当のようです。

 

これらに共通しているのは、食物繊維が豊富に含まれているところ。

 

食物繊維は消化されずに腸までたどり着くため、腸内の細菌によって分解されます。

 

その際に、先ほど言ったようなガスが発生するのです。

 

ただ、食物繊維が豊富な食品により生まれるおならは臭くはありません。

 

注意ポイント

おならを減らしたいと言う方は食物繊維を試験前日や当日に避ければいいとは思いますが、皆さんご存知のようにうんちを出やすくする作用もあります。

試験中にお腹が痛くなる場合、原因が便秘なら食物繊維はとるべきです。

お腹が張る原因をきちんと分かっておきましょう。

 

 

ちなみに、うまく消化できないまま腸まで運ばれていくとおならの原因となります(くさい)。

 

おならに悩んでいる人は、普段からしっかり噛むように意識しましょう。

 

 

お腹を温める

 

下痢気味のおならでお悩みの方におすすめの方法です。

 

お風呂で温めるのがいいですが、なかなか難しいのでカイロや生姜、ココアをおすすめします。

 

生姜とココアだったらココアの方が持続時間が長いそうです。

 

ただし、牛乳や生クリームには注意してください。

 

「大人になると牛乳を飲むとお腹を壊す男性が増える」とか聞いたことがあると思います。

 

乳製品は腸を痛めてしまうようです。

 

 

お薬に頼る

 

やはり薬の力を借りるのが手っ取り早いように思います。

 

注意ポイント

  • 本番前に初めて使うと逆にお腹を壊すリスクも
  • まずはお医者さんに聞こう
  • やはり普段からの対策が大事

 

もしかすると、薬を持っておくだけで気持ちが楽になっていいかもしれませんね。

 

これがあれば準備万端👍

 

←18錠入り

←36錠入り

Amazonのリンク貼っておきました。

(ちなみに、毎食前に一回一錠です)

 

 

 

最後に

写真

 

おならを我慢しながら受験するのは、本当に辛いですよね。

 

本番にはお腹を気にせず思いっきり問題に迎えるよう、今からできることは全部しておきましょう

 

 

もしも試験中に大きな音で出してしまったら、「よっしゃ、邪魔してやった」と思ってください。

 

ついでに悪臭も振りまいてやってください...

 

 

皆さんの健闘をお祈りしています🌸

スポンサーリンク

-ひとりごと
-

© 2021 chan-blog