大学受験

独学で旧帝大に受かるには何時間勉強が必要?

サムネ

 

 

こんにちは。

 

あきおです。現役で大阪大学工学部に合格したのは良いものの、新型コロナの影響で塾で働けないのでより多い人に勉強法などを紹介したいと思ってこのブログを使っています。

 

僕は現役時代塾に通っていましたが、正直塾に行く必要あったかなと思うこともありました。それも、同じ部活に独学で旧帝大に受かった人が何人もいたからです。

 

それに、学年の上位ほど独学の人が多いようなイメージがあります

 

読者の中には独学で行こうと決意したものの少し不安な人や、少しだけ塾に行こうか迷ってしまっている人もいるかもしれません。

 

 

この記事が、そんな方が独学で第一志望合格するための一助になればと思います。

 

 

こちらもCHECK

 

 

 

 

 

 

独学で旧帝大に受かるには何時間必要?

 

 

早速厳しめのこと言いますが、全ての時間を受験に捧げるくらいの意気込みがいると思います。

 

とは言っても人間ですから休みが必要です。

 

おすすめの考え方は、時間の枠組みではなくやるべきことを決めた後にどれだけ時間が必要か考えることです。

 

そのほうが、時間に囚われず効率よく勉強できます。

 

 

 

 

 

 

独学ならスマホを活用しよう

 

この時代、皆さんの先生や親が生きていた時代とは違い「スマートフォン」と言うものがあります。

 

これが大変便利で、もちろん受験生も使わない手はありませんよね。

 

ただ、SNSやゲームなどの誘惑があるのも事実です。

 

でも、独学で第一志望を目指すならそれくらいのコントロールはできて当たり前。

 

僕はウイイレをしていましたが、それが息抜きになったし、逆にそこでしかスマホを使わなかったので良い向き合い方だったなと思います。

 

もしスマホとの上手な付き合い方を知っておきたいと思っている方は、「罪悪感をもたない」という僕が実践したおすすめの攻略法があるのでそれも参考にしてみてください。

 

 

こちらもCHECK

スマホとの付き合い方に悩んでいる受験生へ。

続きを見る

 

 

そしてここからは、独学受験生に役立つスマートフォンの使い方を紹介します。

 

 

 

 

勉強のやり方をネットで仕入れる

 

受験勉強は、勉強の仕方を知ることから始まります

 

もちろん学校の先生から仕入れることもできますし、ネット上にはこのサイトを含めて色々な「勉強法」「おすすめの参考書」などが紹介されています。どれも経験に基づいた勉強法でしょうから、いろんなサイトを巡ってみていろんな方法を試してみましょう。

 

一見回り道に思えるかもしれませんがいきなり自分に合ったものは見つかりませんし、たくさんの方法を試すことでなんとなくどうすれば良いか分かってきて自分で思いつくようになるなど良いことがたくさんあります。

 

 

ブログの他にも「スタディサプリ」というオンライン学習サービスがあります。



 

 

無料会員登録で全国トップクラスの講師の授業が受けられるし、無料で7年分の過去問やオリジナルテキストがダウンロードできます。

 

レベルもスタンダード・ハイレベル・トップレベルがあります。

 

さらには、月1980円(税抜)で「すべて」の動画をスマホやPCで見れるようになります。

 

もし「スタサプ」を利用するなら年会費・初期費用が無料で、正直圧倒的な低価格なので月1980円(税抜)を払って「すべて」の動画を視聴できるようにしておくことをおすすめします。

 

受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

 

 

 

勉強をできる環境を確保する

 

「強制力」を持った場所を確保しましょう。

 

塾に通っている人は塾に行かないと講師やチューターに叱られたり家に電話されることで塾に行かざるを得なくなります。

 

これが「強制力」です。

 

独学の受験生は自宅や図書館、カフェなどで勉強するので、外に出ればある程度の「強制力」が得られますが「それでは足りない💦」という方もいると思います。

 

 

そこでおすすめなのがスマートフォンアプリ「Studyplus(スタディプラス)」です。

 

このアプリのいいところは、進めている教材を登録して勉強時間も記入できるのですが、同じ教材を使用している仲間を繋がることができたり、同じような志望校の仲間と繋がることができたりする点です。

 

仲間と繋がると、彼らがどれだけ進んでいるか見ることができるし、逆に自分の進度はみんなに見られます。

 

間違いなくいい刺激を受けられるし、見られるからこそ十分な「強制力」が得られます。

App Storeはこちら

Google play はこちら

 

 

 

 

 

質問ができる人を見つける

 

おすすめなのは、Twitterから無料で質問対応されている方を探すことです。

 

無料でLINE@をやっている方を探してみましょう。

 

もちろん有料でされている方の方がたくさんいるし、信用もできるので親に頼んで有料での依頼をしてもいいかもしれませんね。

 

値段は人によりますが塾ほどではないですよ。

 

僕にTwitter(あきお)で質問してくれてもできるだけ答えますよ。

 

 

 

 

 

そもそもなんで塾に行く人がいるの?

塾に行く理由

 

要は、塾に行く理由を自力で確保できればいいということです。

 

  1. 勉強のやり方を教えてもらえる
  2. 勉強できる環境がある(強制力)
  3. 質問をすぐにできる
  4. 仲間・ライバルに出会える
  5. 個別に勉強スケジュールを考えてくれる(苦手対策・志望校対策など)

 

あれ、

 

  1. →ネット
  2. →スタディプラス(&外出)
  3. →Twitter
  4. →スタディプラス
  5. →?

 

塾で得られることはスマホを活用するなど工夫すれば、全然代用できるということが分かると思います。

 

 

 

 

塾のデメリット

 

そもそも塾に行く人の中には「塾に行けば成績が上がる」と本気で思っている人もいました。

 

その証拠に、塾ではいつも寝ているかチューターの大学生と話しているかなのに学校では塾に行っていることで独学勢にマウントをとっていました。

 

塾に所属することで逆に受験勉強から逃げているのですね。

 

それに、塾は本当に「高い」んです。

 

僕は年間で60万円以上取られました。

 

そのほとんどは人件費に充てられ、”人気講師”を手に入れるために使われているんです。

 

 

 

 

独学をサポートしてくれるスタディサプリ

 

こんなメリットがあります

  • 通信教育でモチベーションが上がる
  • 正しいスケジュールで勉強がはかどる
  • 学び直しや先取り学習ができる
  • 安い
  • スマホで見放題

 

独学のデメリットとしては、勉強の仕方が探り探りで時間がかかることや、長く続けにくいこと、そして何より

 

→?

 

となっていたように、自分専用の勉強スケジュールを自分で立てられないということです。

 

もちろん、しっかり調べ込んで本番から逆算すればできないことはないです。

 

ネットにたくさん計画の立て方を紹介されているので、それを参考に自力で立ててみてください。

 

もし途中で面倒くさいと思ったら、人に頼ってもいいと思います。

 

僕は部活で忙しく日常の勉強の時間を割きたくなかったので、塾の先生と一緒に作りました。

 

 

ただ、塾は高いので「スタディサプリ」をおすすめしています。

 

 

 

 

 

さあ、始めよう!

 

 

受験は時間との勝負でもあります。

 

よく言われるとは思いますが。

 

「明日から」ではなく、「いますぐ」始めましょう!

 

さあ、今から始めよう!

こちらもCHECK

サムネイルです
受験生になってまずやったこと【現役阪大生ver.】

続きを見る

 

 

スポンサーリンク

-大学受験
-, ,

© 2021 chan-blog