大学受験

【簡単】勉強がはかどる机にする、3つの方法

サムネ

あきお
こんにちは。

 

今回は勉強の効率が上がる”机の整理法”をご紹介します。片付けが嫌いな僕でも実践できた方法で、たったこれだけ?と思うかもしれませんがぜひ参考にしてみてください!

 

 

  • 物が多い
  • 勉強に使わない物がある
  • きれいに並んでいるがどこに何があるか把握できない
  • 部屋の扉に背を向けている

 

まず一度自分の勉強机を見て、少なくともこの4つが当てはまるか確認してみてください。もし当てはまっていたらこの記事を参考に、机を片付けることをおすすめします。

 

脳は知らぬ間に視覚情報から刺激を受けているので、「自分は今の机のままでも十分集中できてるもん」と思っている方も実は余計な視覚情報のために脳を浪費してしまい、集中できる時間が短くなってしまっています。これから紹介する3つの方法は簡単にできるので、そんな人もぜひ参考にしてください!

 

 

 

 

 

誘惑は布でフタをする

 

本当はマンガなどは全くない方がいいのでしょうが、いざ移動させるとなると面倒です。そこでおすすめするのが、見出しにもある通り布を被せる方法です。

 

先ほども言ったように脳は無意識のうちに、目に入った情報を処理しています。その目に入る情報が多いと脳のストレスになり、集中力を削いでしまうのです。特にマンガの背表紙は派手な色のものが多いので布をかぶせてやるのがいいです。

 

また、スマホやpcのような他の誘惑品に布をかけることも有効で、布を被せるという行為が心理的に”誘惑にフタをする”と感じる、という良い効果を与えてくれます。

 

布をかけるという方法がおすすめですが、やはり”ものを置かない”というのが一番です。「受験のためなら片付けでもなんでもしてやる」という方は参考にしてみてください。

 

 

”ものを置かない”という方法のポイントは、「テストと同様にする」ことです。つまり、テストのように机の上は文房具と紙(参考書やノート)と時計だけにするということです。また、文房具は筆箱を片付けていつも使うものを最小限だけ出しておくと尚いいです。実際、東大に入った人でシャーペンと青ボールペンしか持ってこなかった人がいるという話も高校の先生から聞きました。消しゴムくらい持っていてもいいのでは?と個人的には思いますが、その話を聞いたクラスでは授業では必要な文房具しか机に出さないようにする人が増え、特に女子が積極的に取り入れてましたね。僕もいいなと思ってやっていて、効果は保証できると思ったので皆さんもぜひやってみてください!

 

 

 

 

 

 

今からやる分だけ積み重ねる

 

今からやる参考書やプリントなどを積み重ねることで、見た目で進捗度が確認できてモチベーションにもつながるし、立ち上がってものを取りに行くときに集中が切れるリスクも避けることができます。

 

僕は夏休みなどの長期休暇が始まる日に課題と自分でやる参考書を全て積み重ね、1日ごとにその日やる分量を計画を元に取り出してやるようにしていました。そうすれば先ほども言ったように大きなタワーを小分けにして削っていく感じがモチベーションになるし、何よりやり忘れを防ぐことができます。

 

先ほどの”ものを置かない”という方法と矛盾しているように感じるかもしれませんが、”今からやる分だけ積み重ねる”方法は見せることが目的なので例外としておきましょう。

 

 

 

 

 

 

定位置を決める

 

取りに行ったり、探したりする行為が少なからず勉強に影響を与えていることは肯定せざるを得ません。そこで、「定位置を決める」という方法を最後にご紹介します。何も教科ごとに分けたり、サイズごとに分けたりする必要はありません。それぞれの定位置を決めてやればいいのです。ただしひとつだけポイントがあって、それは「よく使うものほど机(自分)の近くに置く」ということです。

 

 

もちろん、教科ごとにボックスを作るのもいいんですが、それが却って面倒になるなら本末転倒です。ボックスを作るにしろ自分流にやるにしろ、自分がわかる定位置があれば問題ありません。先ほどのポイントに気をつけて、ぜひやってみてください!

 

 

 

 

 

ついでに他の方法も紹介しておきます

ここで紹介する方法は、「おすすめではあるが誰でも簡単にできない」方法です。自分は実践していいと思ったけど、人によっては厳しいと思って外したので、少しでも参考になる人がいればと思いここで紹介します。

 

 

扉の方を向く

 

これは勉強机の向きの話で、心理的に、人は扉に背を向けると注意力をそちらに割いてしまいます。それは勉強に集中するのを阻害しているので、扉のほうを向いて机を配置するのがおすすめです。

 

 

照明を工夫する

皆さんは映画を観に行ったとき、あり得ないくらいスクリーンに集中していますよね。逆にいうと、周りがうるさくない限り周りは気にしていないですよね。

 

それと同じ原理で、机の上だけを明るくして他を暗くすればいいんです。

 

もうひとつ例を挙げると、皆さんは夜に勉強するとなぜか集中できますよね。多少他の要因もあるでしょうが、それも同じような感じです。人間は明るい方に集中しがちだそうで、なんとなく理解できますよね。

 

ちなみに、暗いところでスマホを見ていると目が悪くなりますが、この方法は別に照明を直接見るわけではありませんし、暗闇でものを見ると視力が悪くなるという科学的根拠は今のところ示されていません。

 

僕の場合、両親とも視力が悪くて、自身はもともと眼鏡だったのでこれが原因で視力が悪化したかはわかりません。この方法を試すのは、あくまで自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

全然勉強に集中できない、という人は机が原因かもしれません。簡単にできると思うので、ぜひ一度試してみてください!

 

 

\ こちらの記事もどうぞ! /

https://chan-blo.xyz/2020/05/27/【合格る受験勉強】勉強の無駄を無くそう!集中/

 

あきお
がんばれ!

 

 

スポンサーリンク

-大学受験
-

© 2021 chan-blog