大学受験

【受験勉強】半永久的にモチベーションを上げる方法!

サムネー

あきお
こんにちは!あきおです

 

世の中にはたくさん受験勉強が紹介されていますが、モチベーションの面が蔑ろにされがちだと思います。ほとんどの人はモチベーションがずっと続くわけではないと思うので、常にモチベーションを上げようと努力しましょう。

 

僕はスマホゲームのウイイレを受験期にやっていました。”息抜きのため”とか本気で思ってましたが、やっぱり全然切り替えられない、、、”1日だけ遊ぼう”とかはお勧めできないなと思いました。

 

 

 

 

3つのモチベーションアップ法

  • 憧れの人を作る
  • 志望校に行ってみる
  • 成果を可視化する

 

この3つがおすすめモチベーションアップ法です!それでは説明していきます。

 

 

 

憧れの人を作る

 

よく知られていることですが、プロスポーツ選手は大体憧れの人がいてプロになっています。憧れは強力なエナジー剤だと思います。同じクラスにいるやたら合格しそうな人でもいいし、数学や科学の雑誌を読むのもいいです。他のことでモチベーションを保つのもいいけどやっぱり勉強のことでモチベーションを上げるのはいいことかも知れませんね。

 

 

 

志望校に行ってみる

 

これも「憧れを作る」に似ていますが、実際に志望する大学に行って具体的なイメージを沸かせるとワクワクできます。あとは合格体験記を読めば合格して浮かれた先輩の話が聞けてモチベーションが上がります。

 

 

 

成果を可視化する

 

数字として可視化できる模試はいい機会だと思います。他にも勉強時間や解いた問題数を数えるのもいいかも知れません。

 

でも、注意したいことがあります。最初はぐんぐん成績が伸びて楽しいのでモチベーションもぐんぐん上がるのですが、だんだん伸びにくくなって伸びてないように思ってしまいます。そしたら今日一日でやったことを夜思い出してみるといいと思います。ちゃんとやったことを認識できるし、僕は勉強に対する意識が変わっていきました。

 

 

 

なんで勉強するの?

 

皆さんは古文とかが”役に立たない”と思っていますか?僕は思っていましたが、自分がどの観点で”役に立たない”と思っているのか考えてみました。その答えが、「めんどくさいから」と「将来お金にならないから」に至りました。高校生や中学生にしてカネで物を考えているのは立派なのかどうなのか、、

 

じゃあなんで勉強するのかという僕の持論を話します。努力をする経験をするのもあると思いますが、そもそも大学が優秀な人材を選びたい時どう選ぶのが一番いいでしょうか。僕は50m走でも視力検査でもなく、それよりもハンデが少なくて努力量でハンデをカバーできる「勉強」だと思います。それも人によって差が出にくいようにたくさんの教科があるのかなと思います。

 

努力が実るとかロマンチックなことは言えないのでマジレスというか当たり前なことを言いましたが、普通に受験科目を大学でも使うからだと思います。それに、理科ができても国語ができない人が要るとは思えません。

 

 

 

 

最後に

 

僕は皆さんが今登っている山を登り切った人間として、遠回りの人に最短ルートを教えてあげたいです。

 

ちなみに僕の受験生の頃のモチベーションは「浪人したくない」でした。センター試験が最後だったということもありより一層その想いが強かったです。負の動機ですが、それで半年持ったのでよかったかなと思います。

 

最後に、怖い先生が「お前には今何が足りてない?」って聞いてきたと思ってみてください。それに答えられるようになるのが受験生の第一歩であり、大前提だと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

-大学受験
-,

© 2021 chan-blog