大学受験

【大学受験】”受験生の親”へ受験生の本音を教えます。

サムネイルです
あきお
こんにちは!

あきおです

 

したくない時に「勉強しなさい」と親に言われてできる高校生っているんでしょうか。でき流人がいたとしても僕だったら嫌です。それが親にはわかっていたのか、「勉強しなさい」って言われた記憶がありません。僕の性格をわかってくれたからこそ1年間頑張れたのかなと思います。

 

高校生ながら親が気を使ってくれるのもわかりますし、高校生だからこそ些細なことに左右されがちです。”ほぼ高校生”の僕が思った「保護者に言われて嫌だったこと&嬉しかったこと」を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

主役は受験生!(嫌だったこと編)

 

文字通りで、主役は受験生です。本人は親に完璧な受験知識や勉強のアドバイスを求めているわけではありません。

 

 

夏休みまではできなくて当たり前

 

お子さんが勉強しているのをみて「これしかできないの?」とか言ったことあるでしょうか?もちろん東大に合格した人だって、夏休みまでは完璧ではありませんよね。わかっていても言ってしまうのかもしれませんが そこはぐっと我慢して欲しいです。無配慮に受験生を焦らしてもいいことなんてありません。ただでさえネガティブになりやすい受験生なのに親にまでネガティブなことは言われたくないです

 

 

子供に受験制度とか聞かないで💦

 

聞かれること自体にイライラする人もいるみたいです。僕は、逆に親が当たり前のように知っていたら「一緒に頑張ろうとしてるんだな」と感じるかもしれません。あと試験日とか出願締め切り日とかを知っているといいと思います。受験日は当たり前か(笑)

 

 

比べないでくださいー

 

”昔の自分”とか”他の受験生”とか、特に”兄弟”とは比べないで、、、 意識してでも避けて欲しいです。口ぶりからも伝わってくる時がありますから。僕の志望動機は「兄を超える」でしたけどね(笑)でもそれとこれとは別です。

 

あと、「勉強は社会に出ても役に立たない」とかいう人もいるらしいので気をつけてください。理由は言わずもがなです。

 

 

進路選択について

 

過程によって事情が違うと思うので言いにくいのですが、進路選択について言及します。

 

子供としては、大学を決めてからそこは無理というのではなく、先に「私立はやめて欲しい」とか「自宅通いにして欲しい」とか条件を提示して話し合いをして欲しいです。

 

あと、親同士の喧嘩はめっちゃストレスになるのでやめてください。(あくまで受験生から意見です。受験生のためにもこの若造の意見を聞いてやってください)

 

 

 

気は使ってるけど

 

「勉強しなさい」は芸がないからといって「勉強しなくてもいいの?」とか「勉強しなくて大丈夫?」とか言ってもプレッシャーだと思います。

 

あと、先ほども似たようなことを言いましたが、本人が気にしていることを責めても仕方がありません。

 

 

逆に何も言わない作戦!

 

教育方針とか性格とかあるとは思いますが、何も言われなさすぎると不安です。そういう人は(僕の親がそうでしたが)、たまに褒めてみると逆に効果が絶大です。でも的違いなことを言われると「ほんとに興味ないんだな」と思っちゃいます。

 

 

 

 

 

嬉しかったこと編

 

これまでは嫌だったことをいっぱい書いてきました。わがままだなあと思いました(笑)

 

今度は嬉しかった多ことを2つも挙げます。

 

 

 

観察する

 

努力したことをきちんと観察して、結果が出れば褒める。僕はこれが一番嬉しいと思いました。でも難しいですよねー。勉強してるとこを見られるのも嫌ですし(笑)

 

 

客観的に褒めてくれる

 

これは受験生に限らず嬉しいですよね。

 

嬉しかったこと編は以上です。

 

 

 

最後に

 

受験生は勉強の必要性に気づいてると思います。信じてあげてください。僕の担任の先生は、明らかに阪大志望は無茶だった自分をずっと信じてくれて嬉しかったです。1人でもそういう人がいるとなかなか裏切れないですよね。

 

 

 

スポンサーリンク

-大学受験
-

© 2021 chan-blog