勉強法

古文満点の阪大生が教える勉強法【古文は外国語】

サムネイルです
あきお
こんにちは!あきおです

 

RADWIMPSの野田洋次郎さんがこんなことを言っていました。うーん、高校の時は僕も思っていましたけど、こうやって影響力のある人が言いだすと今後何かしらの動きがありそうな気がしてきます。

 

でも、どう騒ごうがそうすぐに変わるものではないので僕は開き直って勉強法を試行錯誤してました。その結果を紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいー

 

 

 

古文は外国語!?

 

大学受験で一番”簡単”な科目はなにかと言われれば、僕の頭には真っ先に「古文・漢文」が出てきます。しかし、古文漢文という教科が好きだったかと言われると決してそうとは言えません。それでも簡単だと思えたのは、学問ではなく『受験科目』だと割り切ったからだと思います。そう思えるようになって1年間やり切った結果、次のことがわかりました。

 

 

  1. 暗記量は圧倒的に少ない
  2. 覚えた分だけ得点アップ
  3. パターンを知ればもっと得点アップ
  4. 経験を積んでいけばさらに得点アップ

 

学問的にはもっと深いのかも知れませんがそんなの知ったこっちゃありません。僕は最短で古文を勉強して、他の教科に時間を回すために必死でした(笑)

 

 

その過程で思ったことがあります。それが「古文は外国語」だと思って勉強した方がいい、ということです。もちろん現代語に通ずるような単語もありますが、現代語の知識で読むことは不可能です。知らない単語や助動詞が出てきますから、英語と同じように勉強する必要があります。つまり、単語や文法を覚え、読解の練習をすることが必要だということです。しかし、英語とは違う点もあります。それが、先ほども言ったように暗記量が少ないこと。それに、物語のストーリーにパターンがあること。

 

 

簡単に思えてきましたか?それでは具体的な話に入っていきます。

 

 

 

古文勉強のプロセス

 

古文の勉強にはプロセスがあります。

 

  1. 単語を覚える
  2. 古典文法を覚える
  3. 文章読解をする
  4. 古典常識

 

プロセスとは言っても、もちろん順番にやっていくわけではなく文章読解を軸にして単語を覚え、文法を覚え、古典常識を学んでいきます。文章を読みながら知らない単語と出会い、文法を掴むという感じです。でも、やっぱり全ての単語と出会うわけじゃありませんから、別に単語と文法を覚える必要があります。

 

あと、古典常識ってなんだ?と思った方がいますよね。あとで古典常識の大切さも併せて説明するので読み進めていってください。

 

 

 

単語を覚える

 

ひと口に「単語」と言ってきましたが、名詞、動詞、形容詞、助動詞などがあり、その中でも助動詞、動詞、形容詞が多くのウェイトを占めています。なぜかというと、これらがわからないと文章がほとんど理解できないから。「太郎くんは犬を✖️✖️✖️、次に猿を✖️✖️✖️。」だけ解っても何が何だかわかりませんよね。それに意外と大事なのが助動詞。助動詞には”過去”か”詠嘆”とかいう意味があって、時間の情報感情の情報人物の情報を与えてくれます。古文では誰が誰に喋っているのか明記されないことがよくありますが、その時は大体助動詞や動詞からわかります。それが人物の情報ということです。

 

 

さあ、おすすめの単語帳です。ここでは僕が愛用していた「マドンナ古文単語230」を紹介します。調べれば単語帳を紹介しているwebページがたくさんありますし、このページでも紹介しているのでそちらも参考にしてみてください。

 

 

マドンナ古文単語230 パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)

  • 荻野文子
  • 価格¥990(2020/05/14 07:04時点)
  • 出版日2013/02/26
  • 商品ランキング6,685位
  • 単行本245ページ
  • ISBN-10405303843X
  • ISBN-139784053038432
  • 出版社学研プラス

マドンナがいいのは、例文がわかりやすいところ。現代語の文に覚えたい古文単語を織り交ぜてあり、その単語が文脈の中で持つ意味がすぐにわかります。ただ、マドンナは単語数が少なく、私立大学の文系を志望している人には物足りないかも。

 

 

 

 

 

文法を覚える

 

じゃあ、文法はどうやって勉強するの?と思うかも知れませんが、単語と一緒に、もしくは単語を覚えた後に勉強するのが普通です。

 

 

さっそく文法のポイントを2つ紹介します。まずは、同じ文字を使っていても違う意味を持つことがあるのでそれを識別できるようになること。これは単語を覚えてからの話になります。そしてつぎに、「斬る・斬らない・斬られる」などと活用することです。これは現代語で勉強したのでわかりやすいです。

 

これらはひたすら暗記するだけです。僕はまずリズムで全部覚えて、該当箇所に差しかかるたびにはじめから全部言って思い出していました(笑)頭の中に辞書を入れておいて毎回出していく感じです。それでたくさん読んでいくうちに感覚を掴んで行けるようになります。YouTubeで検索すると"ヨドバシカメラの替え歌ver.”とか”星野源の『恋』の替え歌ver.”など山ほどあるので楽しく覚えてみてください。

 

 

 

 

古典常識

 

古文の問題文は1000年くらい前の話ですから、今とは違う文化がたくさんあります。たとえば貴族の文化。今まで残っている物語はほとんど貴族が書いているので僕たちには想像もつかない”常識”があり、それを前提に書かれています。だから古典常識を知っておく必要があります。

 

 

じゃあどうやって学ぶのか。それは、物語を読んでいく中でだんだん知っていったり、便覧をみたりするのですが、正直それは難しいです。なぜなら、古典常識を知らなければそもそも物語を読むことが難しいから。そこで僕がお勧めするのは、「先生に聞く」ことと、「漫画を読むこと」。(僕は先生が苦手なので先生に聞きにいったりはしませんでした)

 

 

聞きにいかなくても先生が授業中に解説してくれることがあって、やっぱり絵と声で説明してくれるとわかりやすいなと思いました。

 

 

そして、「漫画を読む」についてですがもちろん古典の漫画です。嬉しいことに、古文の問題に出やすい「源氏物語」などはわかりやすく漫画されており、とても役立ちます。

 

 

源氏物語 あさきゆめみし 完全版(1) (Kissコミックス)

単純に物語が面白い。とても長いので有名な部分だけに切り取られているが、原作に忠実なので勉強には十分。

 

 

NHKまんがで読む古典 伊勢物語

こちらもかなり有名で、入試にもかなりでる。

 

 

 

まんがで読む古典 2 更級日記・蜻蛉日記 (ホーム社漫画文庫)

他にも伊勢物語とか徒然草もあるのでお勧めです。

 

あと、せっかく漫画を読むのであれば、本当に理解できていたのかを確かめるために問題を解いた後に読むのもいいかも知れません。

 

漢文はコチラ

スポンサーリンク

-勉強法
-, ,

© 2021 chan-blog